公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会
The Association for the Environmental Conservation of The Seto Inland Sea

Home » 瀬戸内海情報 » 瀬戸内海における環境学習

瀬戸内海における環境学習

浜辺の観察教室

ねらい

浜辺などの生き物を見て、触れることによって瀬戸内海における環境保全の大切さを理解する場を提供すること。

意義

  • 磯や干潟、海などの生物について、遊ぶことも踏まえ実際に観察できます。
  • いままで不思議に思っていた海や生き物のことについて、地元に詳しい人や大学の先生に解説いただけます。
  • 私たちの生活と海の環境との関係を勉強し、私たちも含めて瀬戸内海全体の環境を改めて考えるきっかけとなります。

この事業は、(社)瀬戸内海環境保全協会が、日本財団の助成を受けて、平成14年度から16年度の3ヵ年計画で実施しています。

環境学習のテキストの作成事例

瀬戸内海各地で海の環境学習のために作成されている「海の環境学習プログラム」は、以下のとおりです。

瀬戸内海の海岸生物調査マニュアル-磯の生物による水質・生物環境の判定-
平成26年

誰もが手軽に海の水質や生物環境(生物量・生物多様性)を評価することができるよう、生物を指標とした瀬戸内海の状態のスコア化ができる生物調査マニュアルです。
発行者:瀬戸内海環境保全知事・市長会議、瀬戸内海研究会議
広島県

瀬戸内圏の干潟生物ハンドブック  平成23年

香川大学が干潟での環境学習を支援するための生物図鑑を作成しています。
編集:香川大学瀬戸内圈研究センター庵治マリーンステーション

海老干潟モニタリング調査干潟の生物観察指導者用干潟調査マニュアル 平成22年6月

広島県尾道市の海域に浚渫(しゅんせつ)土砂を利用した人工干潟「海老干潟」における生物調査を行うためのマニュアルを作成しています。このマニュアルは指導者用と生物観察用に分けて作られています。このマニュアルはウェブサイトで公開されており、pdf版でダウンロードできるようになっています。
発行者:NP0法人瀬戸内里海振興会
海老干潟モニタリング調査 指導者用干潟調査マニュアル
海老干潟モニタリング調査児童用テキスト

瀬戸内海を里海に  平成21年3月

平成20年度瀬戸内海環境保全推進事業にて、古くなった環境啓発冊子「瀬戸内海と私たち」を更新して、里海の視点を盛り込んだ「瀬戸内海を里海に」を作成しています。「瀬戸内海を里海に」の入手は、環境省の里海ネットから入手ができます。
発行者:環境省 (社団法人瀬戸内海環境保全協会作成)
里海ネット

親と子の水辺の教室  指導の手引  平成22年度版

平成22年度に瀬戸内海環境保全推進事業(普及啓発活動)において環境学習を実施するにあたって作成した資料で、川の指標生物による川の環境を判定するためのガイドブックとなっています。ウェブサイトには、平成l4年度のものが掲載され、pdf版でダウンロードできるようになっています。
発行者:山口県環境保健センター
山口県環境保健センター

ひがたであそぼう 海辺の環境学習の手引き  平成21年3月

平成20年度環境省里海創生支援モデル事業にて実施した大分県の活動で作成された干潟の環境学習プログラムです。干潟で活動する場合の注意事項、干潟について、干潟の生物、干潟での漁業活動、海洋ごみ等の内容で構成されており、対象は、小学生となっています。「ひがたであそぽう 海辺の環境学習の手引き」の入手は、環境省の里海ネットから入手ができます。
発行者:環境省/大分県環境部環境保全課/編集:NP0法人水辺に遊ぶ会
里海ネット

海をもっと知ろう、海について体験しよう、海について考えよう  平成18年3月

小学校高学年の子供を対象に、海の環境学習の事前準備、実践、復習の3冊で構成されている環境学習プログラムで、現場でも使用できるようにA-5サイズで作成されています。ウェブサイトでの公開は行っていませんので、入手する場合は直接依頼する必要があります。
発行者:財団法人国際工メックスセンター

「海・川・森」環境教育プログラム  平成17年3月

兵庫県教育委員会が、県内の小・中学校を対象とした「海・川・森」環境学習プログラムを作成しています。テーマは、海・川・森であるが共通の環境教育プログラムも含まれています。兵庫県のウェブサイトには掲載されていませんが、活動毎にプログラムが作成されていますので、テーマに応じてプログラムを準備することができる内容でまとめられています。
発行者:兵庫県教育委員会  編集∥国際工メックスセンター

干潟の環境学習ガイドブック2005  平成17年3月

山口県の海における、市民参画、協働による港湾・海域環境づくりを進めるために干潟のガイドブックを作製しています。小学校高学年の生徒が理解できる内容としており、プログラムごとにまとめられています。このガイドブックは、国土交通省中国地方整備局宇部港湾事務所のウェブサイトに掲載されていますが、解説のみで全てのデータを直接ダウンロードすることはできません。
発行者:国土交通省中国地方整備局宇部港湾事務所/財団法人港湾空間高度化環境研究センター
国土交通省中国地方整備局宇部港湾事務所

「海へのとびらを開く」 平成16年5月

東京湾をベースに、小学校高学年を対象にした自然とのふれあいを感じる内容で、対象は、環境学習の指導者向けとなっています。
発行者:財団法人港湾空問高度化環境研究センター定価  3,800円
みなと総合研究財団

海と川の交流環境学習会 平成15年度 

海と川の交流を行うために作成した海の環境学習テキストで、海の生物図鑑、干潟、磯場等における生きものの紹介を行っています。岡山県のウェブサイトには掲載されていません。対象は小学生が直接使用できる内容になっていますが、指導者からの説明が必要です。
発行者:岡山県

 なぎさのハンドブック 平成14年

なぎさで観察する場合の注意事項と透明度、透視度、生きもの調査などの活動方法を掲載し、指導者向けのガイドブックとして編集されています。大阪府環境農林水産総合研究所のウェブサイトに掲載されており、pdf版でダウンロードできるようになっています。
発行者:大阪府環境情報センター
大阪府環境農林水産総合研究所

水環境読本(海辺編) みんなのうみ  平成13年

香川県の海の様子、海辺の生きもの、海の利用と移り変わり、海や川の水質、水をきれいにするために等、総合的な海の環境情報を掲載しています。

干潟の生きものを調べよう(簡易水環境調査方法)

干潟の概要、調査を行う場合の注意事項、干潟の調査と記録方法を掲載しています。 両テキストともに対象は、指導者向けです。香川県のウェブサイトの「香川の環境」の出版物として案内されていますが、内容の確認やダウンロードはできません。
発行者:香川県環境管理課
香川の環境

公益社団法人瀬戸内海環境保全協会

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
人と防災未来センター東館 5階

TEL:078-241-7720 FAX:078-241-7730

お問い合わせ