公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会
The Association for the Environmental Conservation of The Seto Inland Sea

Home » 刊行物ご案内 » 生きてきた瀬戸内海-瀬戸内法三〇年-

一覧に戻る

生きてきた瀬戸内海-瀬戸内法三〇年-

表紙
(2004年発行)

この刊行物に関するお問い合わせ先

公益社団法人瀬戸内海環境保全協会

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2人と防災未来センター東館5階

TEL:078-241-7720
FAX:078-241-7730

目次

はじめに

「生きてきた瀬戸内海」編集委員会

第1章 瀬戸内法の施行前

  1. 澪標(みおつくし)たる瀬戸内法へ
  2. 一九七〇年前後 瀬戸内沿岸住民は
  3. 瀬戸内海環境保全臨時措置法の成立

第2章 瀬戸内法の施行

  1. 「瀬戸内法行政」史的総括・試論 ― 埋立てをめぐる考察を中心にして
  2. 臨時措置法の制定
  3. 特別措置法への移行
  4. 瀬戸内海環境保全施策の停滞と形骸化からの回避
  5. 新たな環境保全・創造施策のあり方と基本計画の変更

第3章 瀬戸内海の環境変遷

  1. 赤潮の変遷と瀬戸内法の役割
  2. 水質の変遷
  3. 海岸の変遷と干潟・藻場
  4. 中国工業技術研究所における海洋環境研究の三〇年
  5. 瀬戸内海区水産研究所

第4章 各種団体の取組

  1. 瀬戸内海環境保全知事・市長会議
  2. 漁業者から見た瀬戸内海
  3. 衛生団体の三〇年
  4. 社団法人瀬戸内海環境保全協会
  5. 瀬戸内海研究会議
  6. 財団法人国際エメックスセンター

第5章 企業の取組

  1. 鉄鋼業の水質保全対策
  2. 化学工業の排水対策

第6章 NGOの取組

  1. 海は遠くになりにけり ― 大阪湾を中心とした住民運動の展開
  2. 瀬戸内海はどう変わったのか?
  3. 瀬戸内海における海砂の必然性
  4. 織田が浜の埋立てと瀬戸内法

第7章 今後の課題・展開

  1. 瀬戸内海環境保全行政の今後の課題・展開
  2. 瀬戸内海の環境の保全と創造に向けた今後の課題と展開
  3. 今なぜ「瀬戸内法」改正
  4. 瀬戸内海の今後の課題

さいごに

生きてきた瀬戸内海」編集委員会

資料編

編集委員紹介

執筆者紹介

公益社団法人瀬戸内海環境保全協会

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
人と防災未来センター東館 5階

TEL:078-241-7720 FAX:078-241-7730

お問い合わせ