公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会
The Association for the Environmental Conservation of The Seto Inland Sea

Home » 協会について » 設立趣旨

設立趣旨

瀬戸内海は、わが国のみならず世界においても比類のない美しさを誇る景勝の地として、また、国民にとって貴重な漁業資源の宝庫として、先人の築いた文化と歴史を背景としてはぐくまれてきました。この瀬戸内海の持つ幾多の恵沢を国民が等しく享受し、後代に継承すべきものであるという認識にたって瀬戸内海の環境の保全に万全を期することは、われわれに課せられた大きな責務であると考えます。しかも、瀬戸内海は地域住民はもとより、広く一般の人々に利用されている広域的な海域であり、その環境の保全を図るためには、国や各地方公共団体がその施策を推進しなければならないことはもちろん、水質の保全、自然景観の保全、水産資源の保護、海浜等の清掃等瀬戸内海の環境保全に関する事業を行っている民間団体と関係地方公共団体等が互いに協力しあって幅広い活動を展開していくことが必要であります。

協会の目的

瀬戸内海の環境保全に関する事業を行うことにより、比類のない景勝地であり、漁業資源の宝庫でもある国民共通の財産たる瀬戸内海の環境保全に資することを目的とする。

協会の事業

  1. 瀬戸内海の環境保全に関する思想の普及及び意識の高揚
  2. 瀬戸内海の環境保全に関する調査研究
  3. 瀬戸内海の環境保全活動に関する指導助成
  4. 瀬戸内海の環境保全に関する情報の収集及び提供
  5. その他、当協会の目的を達成するために必要な事業

協会の役割

イメージ

公益社団法人瀬戸内海環境保全協会

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
人と防災未来センター東館 5階

TEL:078-241-7720 FAX:078-241-7730

お問い合わせ